So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

2011年 大晦日 和歌山城ツーリング

12月31日 天気も申し分なく今年最後のツーリングを和歌山城方面に決める。 和歌山市内は串本方面へ行く為によく高速を使うため、殆ど通り過ぎ、行くことがなかったので今回の目的地に。

先日六甲山へTDRで行ったが、それからまたエンジンの調子がよく今回もTDR250で出発。尼崎からK43号線、大阪市に入り府道29号線で和歌山方面へ。

このF29号線は大阪市と堺、和歌山を結ぶ大動脈であるがさすがに今日はガラガラ!!

泉佐野のりんくうゲートタワーにて。

w1.JPG

本来なら2棟建つはずが未だに片方のみでゲート状にはなっていない。

F63号線からK26号線に入る。 阪南市のピチピチビーチ前にて

w2.JPG

せんなん里海公園にて ここは広々としていて気持ちがいいがやはりガラガラ

w3.JPG

暫く行くとみさき公園に到着

w4.JPG

ここは南海電鉄系のレジャー施設で、関西地方ではその昔 阪急電鉄系の宝塚ファミリーランド、阪神電鉄系の阪神パーク、近鉄電鉄系のあやめ池遊園、神戸市のポートピアランド、奈良ドリームランド、大阪万博跡のエキスポランドと多くの施設があったが、少子高齢化で入園者減少に伴い閉園。今ではここと京阪電鉄系の枚方パークぐらいになってしまい残念である。

そうこうしてるうちに道の駅 とっとパーク小島に到着。

w5.JPG

ここは釣り人用の施設みたいで高架橋を渡り海上の桟橋に行けるようになっている。

w6.JPG

w7.JPG

来場者記念碑

w8.JPG

ボタンを押すと鳥羽一郎の曲がスピーカーより流れてきた

各港には漁船も仕事納めみたいで停泊している

w9.JPG

F65号線は湾岸沿いで交通量が少なく(大晦日で?)走行にはもってこいのいい道路である。

その様子

w10.JPG

いつの間にか和歌山県に入り、程なく淡嶋神社に到着

w19.JPG

参道前の様子

w18.JPG

w11.JPG

この神社は不要になった人形(特に雛人形)の供養をしている神社である。社内にはこの1年で集まった無数の人形がおいてある

w12.JPG

w14.JPG

w15.JPG

w16.JPG

針供養の塚も境内にあった

w13.JPG

人形は毎年3月3日に供養の為、海に流されるとの事

w17.JPG

さすがに無数の人形がこちらを見ていると圧巻である。よくテレビで怪奇現象、ミステリー特集番組でよくこの神社が取り上げられることがあるが、おどろおどろした感じは全くなく地元に密着した神社であった。( がしかし2012年の年明けに4チャンネルで最新恐怖映像特集番組があり、この神社が取り上げられていたが、神社の地下倉庫にやはり いわく付き人形「髪が伸び続ける者、勝手に動く者等々」が安置されていたのだ!)

ここから県道7号線からK26号線に入り和歌山城に到着、

w21.JPG

w23.JPG

石垣やほりも立派である

w24.JPG

w25.JPG

大手門から入城する

w26.JPG

すると虎の石像が

w27.JPG

w28.JPG

ここにも無料の杖が置いてある。と言うことは天守までは遠いのか?

w30.JPG

そうではなく石段が多いための杖であった。城内の立派なクスの木

w31.JPG

七福の庭の看板

w32.JPG

w33.JPG

天守が見えてきた

w34.JPG

w35.JPG

w36.JPG

当然閉館であったが地元の方々の健脚の為のコースになっているみたいでジャージ姿の方が結構多かった。

手作り観光案内板

w38.JPG

大手門の様子

w39.JPG

ここから帰路につく。高速も考えたが来た道をそのまま帰ることに。5時半無事帰宅

走行距離182k。 本当はもっと多くの写真を撮ったのであるがこのブログの制限ぎりぎりの999Mで抑えて物足りなかったかもしれません

今年多くの方々に訪問頂いて本当に有難うございました。皆様によいお年を迎えられるようお祈りしまして今年のブログを終わります。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

2011年 年末六甲山ツーリング

12月29日 ようやく気温がましになってきたので阪神間ではポピュラーになってる六甲山に出掛けることに。 30年ほど前、一部の連中のため二輪車の通行が禁止になってしまいそれが今でも解除されず二輪には冷遇されてる道路となっているが、平日は通行出来るらしいので本日決行。 (大掃除はすでに済ませてるので気は楽である)

国道43号線の西宮戎前交差点を北上し県道82号線を目指す

戎前交差点(右手に西宮戎神社がみえてる)

r1.JPG

国道2号線からJRのさくら夙川駅越えてから県道82号線に入る

r2.JPG

甲山高校あたりで県道16号線に入るがこのあたりから二輪規制があちこちに出てくる

r3.JPG

日陰部分になると道路が光って見えるが全く凍結はしていないようだ。石宝殿近くに到着。このあたりは六甲山自然歩道が整備されていて平日のしかも年末にもかかわらずハイカーが多く歩いてる

r4.JPG

r5.JPG

県道16号線の様子

r6.JPG

r7.JPG

しばらく行くと六甲山頂上部に到着。実際は歩いて山頂部まで行くのであるが茶店で休憩することに。ジャージ姿の学生ハイカーが多いのには驚いた。寒くないのか?

r8.JPG

r9.JPG

r10.JPG

r11.JPG

下界の風景。もやっててよく見えないが、、、

r13.JPG

六甲有馬ロープウェイの六甲山頂駅に到着

r14.JPG

r15.JPG

r16.JPG

駅内の駐車場にある六甲ベルタワー

r17.JPG

ここからガーデンテラスの方へ歩いて行く事に

r18.JPG

ガーデンテラス。どうやらここだけは営業してるみたいだ。(この後行くところはすべて閉館、閉店ばかりであった)

r19.JPG

六甲枝垂れも営業してるが遠くから見ることに。夜間はライトアップされて大変綺麗な感じになるらしい

r20.JPG

r21.JPG

巨大電波塔

r22.JPG

たしか六甲山頂部にも軍事施設の巨大パラボラアンテナがあったような気がするが、さすがに地図には載っていない

六甲カンツリーハウス

r23.JPG

r24.JPG

駐車場に戻る

r25.JPG

r26.JPG

人工スキー場 全く雪なし!

r27.JPG

r28.JPG

高山植物園

r29.JPG

オルゴールの博物館のホール・オブ・ホールズ

r30.JPG

r31.JPG

ここの駐車場は有料

r32.JPG

記念碑台というところがあったので寄ってみる

r33.JPG

r34.JPG

r36.JPG

イギリス人・グルーム氏の銅像

r37.JPG

六甲山がこれだけ親しみを持つようになったのもこの方々のお陰らしい

r38.JPG

r39.JPG

r40.JPG

自然保護センター

r41.JPG

標石「101」のレプリカ

r42.JPG

その由来

r43.JPG

ここも高台になってるのだが、やはり下界の景色は靄でよく見えない

駐車場には巨大な除雪車が

r44.JPG

ここでしばらく休憩して再度出発、六甲ホテルを超えてからこのブログ始まって以来の大失態をやってしまった!! 三叉路でパトカーと警官がいたがそのまま直進、すると「そこのバイク左によって止まりなさい」の拡声器の声が。その三叉路は直進が一旦停止で、確かに路面に 止まれの文字と同じく標識が。

今回は彼らは隠れての取締りではなく、その前を堂々と違反をしたので笑うしかないか! 例のごとく後部座席でサインと拇印と青紙をもらって釈放。

きを取り直してツーリング続行、、、モチが下がるなー

程なくして六甲山牧場に到着

r45.JPG

r46.JPG

森林植物園

r47.JPG

r48.JPG

国道428号線に突き当たり南下して国道2~43号線で尼崎方面へ

途中西宮の鳴尾浜に寄ってみる。ここは釣公園とスパみたいな施設があるがここも閉館してる

r49.JPG

r50.JPG

武庫川を超え、尼崎に入ってからお気に入りの海釣公園にも寄ってみる

r51.JPG

r53.JPG

r54.JPG

r52.JPG

近くに渡船場があり休日は結構多くの釣り人が乗船してるようだ。ただここも年末の仕舞いをしていた。

3時に無事帰宅。走行距離ちょうど100k、あと年内は2日あるがこれを走り納めとするか(気分悪く終わるか?)いい思いを残すためにまだ走るか悩むところである

 

 

 

 


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

2011年 尼崎~西宮~神戸 ミニツーリング

12月23日 天皇誕生日の祝日、天気予報とは全く逆の快晴に飛び起きCBRを出動させる。そろそろバッテリーを充電しておかないと寒さで放電しそうなので、その意味合いも含めて近場でいい所を、、、思案後 先日 円ひろしさんのTV番組「よーいドン」で垂水の五色塚古墳の紹介があったのでそこへ行って見る事に。

前回の砥峰ツーリングでオドメーターが260KmとなっていたのでGSでレギュラー満タン。ちょうど14L入り燃費は18.6K/L まあまあな燃費。

今年1番の冷え込みの中、尼崎からK43号線・神戸岩屋でK2号線と走行しちょうど1時間で垂水に入る。

商大筋を右折し程なく五色塚古墳に到着

g1.JPG

g2.JPG

ここは駐車場があり管理事務所で申し出れば無料で駐車出来る

g3.JPG

兵庫県下で最大規模と言うだけあってかなりの大きさだ!g4.JPG

g5.JPG

右隣には小壷古墳も並んである。こちらは円墳で直径は70mとのこと

g6.JPG

小壷古墳越しに明石大橋の橋脚がみえる

g7.JPG

g8.JPG

古墳の所在地

g10.JPG

メインの五色塚古墳(千壷古墳)に入ってみる

g11.JPG

入り口。 奥が事務所でここで住所と見学人数、駐車場の利用を記入。(名前は不要)管理員の方よりパンフを受け取ったが机の横に 関西テレビの帯番組 「よーいドン」の名物コーナーの となりの人間国宝さん のシールが張ってあったのでお願いして見せて頂いた。

g12.JPG

g13.JPG

入場は無料で 前方部より古墳に上がってみる

g14.JPG

g15.JPG

g16.JPG

この階段部より右側の葺石が発掘当時のままの石で黒ずんでいる。管理員さんがこの石は割れやすくなっていると説明してくれた

g17.JPG

左側は現在の石で敷き詰められている

g18.JPG

前方より後円側を見る

g19.JPG

後円に上がってみる

g20.JPG

小壷古墳側を望む

g21.JPG

頂上部

g22.JPG

g23.JPG

後円部の中心がパワースポットらしく中心部で淡路側を望む。そのとき急に霰が降ってきたきたがこれもパワースポットのせいか?

g24.JPG

明石大橋がよく見える。まさか何千年後かにこのような時代が来るとは葬られてる方がどのような方かは知らないがビックリだろう。

埴輪列の復元の説明文

g25.JPG

後円部より前方を望む

g26.JPG

廻りには濠があったらしくその中に島状に土壇(祭祀を行う場所?)も復元されてる

g27.JPG

g28.JPG

g29.JPG

前方部はJR線間際まで延びている。ちょうど列車が通り過ぎるところ

g30.JPG

g31.JPG

帰り際に学生の頃から疑問に思っていた「なぜ 前方 後円 なのか?」 方の部分には遺体が埋葬されず、たいがい円の部分に埋葬されていることをみると円のほうが前 方が後ろではつまり 前円後方古墳 ではないかと思うが? 誰か分かる方 御享受願いたい

パンフや航空写真等をみると、鍵穴状の古墳の形が スタートレックの USSエンタープライズ号(一種の宇宙船)に見えてしまうのは私だけ? 列状の円筒埴輪は光の点滅部や噴射口を示したものでは? と 新たな学説を打ち立てても一笑されるだけだろう。

とりあえず古墳と明石海峡を満喫出来たので帰ることに。 右側に大阪湾を見ながらの走行。途中須磨公園に入ろうとしたがバイクを止めれる雰囲気でなかったのでロータリーを1周してまた2号線を走行。

43号線に入り 今年の初ツーリングで寄った西宮神社に寄る。西宮神社で始まり西宮神社で今年は終わるのか?(以降ツーリングなければそうなるか!)

多数の初詣参拝者の対応の為、巫女さんの研修があったらしいが、タイミング悪く終わった後であった!

g32.JPG

こちらは成田山で交通安全祈願が多い。 この奥が西宮神社で毎年元日に福男を決めている。開門と同時にいち早く本殿に到着した人に与えられるがこの方法に意味があるのか? 毎年どっかの陸上部の選手、消防士等々、要は短距離走に長けてる人にしかなれない福男なんて???

何時までに集まった全員に札を配り富くじ方式で当たった方を福男としたほうが遥かに 福 が付いてる気がする。 まあ恒例行事でしかたないかー

g33.JPG

g34.JPG

西宮IC近くで南下し 西宮の今津灯台のほうへ行くことに

g35.JPG

g36.JPG

大関酒造今津灯台が正式名称で西宮の文化財の指定も受けてる。航路標識として海上保安庁より承認され海図や灯台図にも記載されてるとの事

g37.JPG

g38.JPG

樽廻船モチーフ

g39.JPG

g40.JPG

灯台基礎部の碑文(読めない)

g41.JPG

g42.JPG

渡り鳥が浜辺で羽を休めていた

g43.JPG

地元の尼崎に入りユニチカ記念館で写真を撮る。 殆ど通り過ぎてしまう所だが今回は記念に。昔はユニチカの工場が結構あったが殆どマンションになってしまった。これも時代の流れでしょうがない

g44.JPG

g45.JPG

g46.JPG

2時半無事帰宅、走行距離89k。本当にミニミニツーリングとなったが、今年最後にもう一度日本海側に行きたいのであるがかなりの豪雪となっており諦めるしかないかもしれない。

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

2011年 大阪 光のルネサンス見学

12月18日 14日から始まった大阪 光のルネサンス の夜景を見に行くことに。メイン会場は大阪市役所だが自宅からあまりにも近いし混雑も考え今回は電車で行くことに。

地下鉄淀屋橋駅を出ると看板が (後ろの建物が大阪市役所)

o1.JPG

o2.JPG

o3.JPG

 見学ルート (大阪光のルネサンス HPより)

access_map_fes.gif

市役所右横のプロムナード (昼間の様子) 人影はまだまばら

o4.JPG

夜になると

o5.JPG

o6.JPG

o7.JPG

 

o8.JPG

o9.JPG

中ノ島公会堂前のテント村 (飲食店等の出店)

o10.JPG

夜間

o11.JPG

o12.JPG

中ノ島公会堂

o13.JPG

o14.JPG

この公会堂にむかって特殊プロジェクターが設置されていて、夜間になると音響と連動して外壁に映像が映しだされる。

映像が投影される前

o144.JPG

その後音響と共に映像が投影され建物の感じがどんどん変化していく

o15.JPG

o16.JPG

o17.JPG

公会堂の窓、柱や出っ張り等をすべてコンピューターにインプットし寸分狂わずプロジェクターの映像を重ねて映すのだが、多分気の遠くなる作業であろう。 30分おきに投影が開始されるが5分くらいで終わる。  それにしても建物が動いてるように見えるのは凄い!!

o18.JPG

o19.JPG

o20.JPG

全く違うデザインの公会堂に!!!

巨大プロジェクター 目立たないように黒い布で覆われている

o21.JPG

街灯

o22.JPG

o23.JPG

街路樹 大量のLED配線が巻きつけられてる

 

o25.JPG

夜になると

o28.JPG

o27.JPG

o26.JPG

さすがにLEDライトは凄い 音楽にあわせて色んな色に変化・点滅している(写真では分からない)

市役所前面 月曜から橋本さんが登庁する予定。(橋本市制になってもこれは続くのか?)

o29.JPG

o30.JPG

o31.JPG

o32.JPG

市役所入り口のオブジェ

o33.JPG

o34.JPG

o35.JPG

市役所前の階段のライトアップ

o36.JPG

o37.JPG

三脚で市役所夜景を撮るカメラマン

o38.JPG

御堂筋の淀屋橋からの景色

o39.JPG

その夜景

o40.JPG

何気ない銀杏

o41.JPG

夜になると がんばろう!日本 の文字が

o42.JPG

道修町あたり

o43.JPG

o44.JPG

それにしても夜景の撮影は難しい。 殆どピンボケ!この1枚くらいだまともに撮れたのは。

御堂筋は無電中化されてるので、銀杏並木に電源を送るのは地下からBOX経由で配線していた

o45.JPG

o46.JPG

御堂筋の記念石碑

o47.JPG

三井ビル前のZAQの飾り

o48.JPG

o49.JPG

横断歩道から

o50.JPG

淀屋橋から1.9Km先の高島屋まで続いてる。

銀杏の下からのクローズアップ

o51.JPG

また会場内に戻る。 奈良平城京に使われていたLED灯篭が再使用されてる

o52.JPG

o53.JPG

いい雰囲気である

土佐堀川に偶然 水上バスが通りかかる。これも電飾されていてかっこいい!! (またまたピンボケ) バカチョンカメラで夜景をうまく撮る方法はないものかと思う

o54.JPG

o55.JPG

12月25日まで開催されていて、行くのであれば平日のほうがいいかもしれない。 ただし24、25日は更なる混雑が予想される。

これだけの照明を点灯させるとさぞ電気代もかかると思いきや、期間中の電気代は1家庭の1ヶ月分の電気代ぐらいらしい。 月曜に関電から10%の節電要請が出されたが中止にはならないだろう。なんせ大阪市は関電の大株主とのことであるから。

 


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

2011年 TDR250・CBR1000F バイク一休み

12月14日 昨日の国道477号線の雨中、雪中ツーリングによりTDRの足回りが泥だらけ、杉の枝の微小破片だらけになっているので久しぶりに掃除する事に。

見事に汚れてる足回り

bi1.JPG

bi2.JPG

エキゾースト部、ラジエーター部もかなりの汚れ

bi3.JPG

以前から気になっていたスピードメーターのパッキンの外れ(矢印部)

bi4.JPG

メーター交換もする事はないだろうと、アロンアルファで接着する

bi19.JPG

まずは洗剤で汚れ落とし、水分を拭取ってWAXかけ。今日はかなりの日差しがありすぐに拭取れる状態に。

bi5.JPG

これを拭取るとピッカピカ。 男らしい黒光り(他意はない)。ただGSタンクはどうも再塗装のようでWAXの度に艶がなくなりカウル部との艶の差がおかしいくらいアンバランス。(写真では分かりにくい)

bi6.JPG

艶出し剤でプラスチック・ゴム部を磨いて完成!!

bi7.JPG

bi8.JPG

ついでにホンダCBR1000Fの紹介

bi9.JPG

bi10.JPG

これには色々細かい配慮があり、まずはシート後部のフックかけ。 可動式になっていて使わない時は収納 (矢印部)出来る

bi11.JPG

bi12.JPG

これが見た目以上に使い辛い。

次にGSタンクリフトアップ機能。矢印のボルトを外すとGSタンクが上部に簡単に持ち上がり、フルカウルにも関らず容易に点火プラグの交換が出来る。(昔のホンダ車はこの機能があったようだが今はどうか?)

bi13.JPG

点火プラグ交換が頻繁に必要なくらい攻めのライディングが出来ていない私には無用の長物。

次にカウルプロテクター。これは転倒時にカウルより先にここが路面に接地しカウル破損を防ぐようになってるのだがまさしくその通り! (これは非常に助かる)

bi14.JPG

左右2回ずつ立ちコケしてるがカウルは殆ど無傷。 左右新品にしたが以前の三重の青山高原ツーリング時に立ちコケしてまた右側が傷だらけ

bi15.JPG

次にクランクケースカバー保護カバー。これも転倒時にクランクケース破損を防ぐプラ部品である。

bi16.JPG

パーツ自体は安いが古いバイクなのでメーカーの在庫が心配である。次に先の写真に乗っていたがデュアルコンビネートブレーキシステム。前輪ブレーキを掛けても自動的に後輪にも配分されてブレーキが掛かりスムーズな制動が出来る。 これが今でも効いてるか不明?

メーター廻り。300Km/h は全く見栄だけ!

bi17.JPG

タンク廻り、へこんでる部分はこのバイクを買って店に取りに行き自宅に戻るまさしく家のまん前で立ちコケ。コケずに電柱に寄り掛かってタンクと電柱が接触しへこんだもの。気持ちも相当へこんだ!

bi18.JPG

無茶苦茶乗り難いバイクだがカラーリングとスタイルが気に入っててなかなか手放す気になれない

それぞれとめてる場所が違うので初の2ショット。

bi20.JPG

bi21.JPG

bi22.JPG

それぞれカラーとスタイルが気に入ってるがTDRは排煙(2スト所以の宿命)、CBRはその重量で操作性の悪さ というように中途半端なバイク(私にとって)であるが愛着が沸いてきている


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

2011年 国道477号線 兵庫~大阪~京都~滋賀ツーリング

12月13日 会社の臨時休業を利用してツーリング決行。 以前MCショップキタモトさんらと行った鯖街道ツーリング時に利用した国道477号線があまりにも刺激的であったので再度挑戦。 今回もTDR250を選択。

国道173の川西市長尾町一の鳥居交差点右折で477号線に入る

ko1.JPG

このあたりでは県境が入りくんでいて兵庫県と大阪府が交互に出てくる

能勢町のけやきの里でトイレ休憩。ここは地元の朝市広場になっているようだ

ko2.JPG

ko3.JPG

妙華寺の石塔

ko4.JPG

ようやく亀岡市に入る。この場所は以前 美山ツーリング でも写真を撮った場所。吉野の関跡がすぐ横にあった

ko5.JPG

ko6.JPG

ko7.JPG

亀岡市中野で府道73に入り府道405を左折。このあたりから前回もそうであったが天気が急に悪くなる。霧から雨に変わり平の沢池で雨の止むのを待つ。かなりの渡り鳥が飛来していて色んな種類の水鳥が見れた。

ko8.JPG

ko9.JPG

ko10.JPG

ko11.JPG

伊丹の昆陽池みたいな感じ

八木町神吉あたりからようやく国道477の威力発揮。 これが国道???の始まり。 バス・トレーラーどころか乗用車自体通行困難

ko12.JPG

ko13.JPG

殆どガードレールがない。杉の大木がその代わりか? 一応477の標識はある。

ko14.JPG

ko15.JPG

逆コースになるとかなり怖いかもしれない。 ようやく京都市内に入る 正真正銘 京都市内である。

ko16.JPG

しばらく行くと前回の休憩地 中池ロードパークに到着

ko17.JPG

ko18.JPG

しばらくは林道から開放されやれやれ。 道の駅ウッディー京北で昼飯休憩

ko19.JPG

ko20.JPG

参道が一直線に伸びてる神社があったのでパチリ

ko21.JPG

ko22.JPG

京北井戸町あたりから銀世界に。まさか積雪があるとは!一応道路は凍結していないようだが交通量が少ないので融けていない可能性もあるが気にせず強行

ko23.JPG

さらにやばくなってきた!気温4℃だが体感温度はマイナス

ko24.JPG

花背峠あたりからは雪もなくなり天気も回復

ko25.JPG

ko26.JPG

ko27.JPG

477号線の第一の難所が神吉なら第二の難所は百井峠。ここからは更に林道プラス、アップダウンが激しくなる。 まさしく酷道!

ko28.JPG

前方の標識がなければ絶対に477号線とは分からず通り過ぎると思う。

ko29.JPG

幅員狭小・路肩弱し、、、だから何?  行くしかない

ko30.JPG

向こう側が477号線、180度Uターンである

ko31.JPG

路面は濡れていてしかも杉の小枝が散乱していてスリップしそうな感じ

ko33.JPG

反対側 車の転落跡はないようだが、、、これでも対面通行で、平日のせいか車とのすれ違いが多くそのたびに斜面側に足をついてやり過ごすことに。 車どうしならどうしてるのだろうか? 

ko32.JPG

至る所に落石注意の立て札があるが、落車注意に見えてくるのは私だけだろうか?

まったく気の抜けない走行が続き国道367号線(いわゆる鯖街道)に突き当たる。前回は舞鶴方面に北上したが今回は大原三千院の方へ南下する事に

三千院前に到着

ko34.JPG

平日もあって観光客はまばら

ko35.JPG

ko36.JPG

ko37.JPG

三千院には入らずそのまま引き返すことに。ここからどう帰るかのルートを思案。京都市内を抜けるか元の477号線を引き返すか、、、

結果 途中 まで引き返し477号線を琵琶湖方面に 161号線に入り大津から名神高速にのるルート選択。 

里の駅 大原で休憩 ここは道の駅ではないがネーミングがややこしい。トイレがあればどうでもいいが、、

ko38.JPG

途中の交差点を右折しまた477号線に入る

ko39.JPG

この途中の地名で来生たかおさんの 夢の途中という歌を思い出すが、、、若人は分からないか?

477のレインボーロードをぬけ湖岸の161号線を走行。浮御堂の標識が見えてきたのでちょっと寄ってみる

ko40.JPG

ko41.JPG

住宅の狭い路地を抜けるとちょうど浮御堂の見える公園みたいなところに行けたのでそこで写真を撮る

ko42.JPG

ko43.JPG

雄大な琵琶湖の様子

ko44.JPG

近くの伊豆神社

ko45.JPG

予定通り大津ICから名神に乗り無事帰宅。 真冬は多分477号線の一部は通行止めになるかもしれないが面白いルートなので機会があればまた走行したい。

走行距離240K 燃費20L/k  高速代1500円


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

2011年 ライク ア ウインド 舞洲ガレージセール

12月11日 テレビ番組でお馴染みのLike a Wind主催のガレージセール大阪の舞洲で行われるとの事で行って見る事に。あまりこういうイベントには参加しないほうであるが自宅からかなり近いのでひやかし半分。

TDR250で尼崎よりK43号線で梅香交差点を南下、此花大橋を渡るとすぐに到着。 橋を渡りきると贅沢に造られた大阪市環境局の建物が両サイドに見えてくる。  ちょっと前まではここがUSJとよく間違えた(それくらい豪華なつくり、、、ゴミや下水の処理施設らしいが)

L1.JPG

舞洲をさらに行くと特設会場の駐車場が見えてきた。 バイク入場兼駐車代500円なり

L111.JPG

当然駐車場は4輪よりも大半が2輪、さしずめモーターサイクルショウ的な感じに

L2.JPG

L3.JPG

L4.JPG

L5.JPG

L6.JPG

L7.JPG

フリーマーッケット的に各社テントで店を構えている。いきなりトライクが見えてきた

L8.JPG

L9.JPG

本部まえのスペースではOSO GPが行われていて駐車場の半券で誰でも参加できるらしいがやめておいた。 原付のチョイソルでいかにコースを遅く走ることができるか? 最後の1本橋で落ちて失格の方が多かった。

L10.JPG

L11.JPG

会場本部

L12.JPG

L13.JPG

L14.JPG

出店の様子

L15.JPG

L16.JPG

本田のブース

L17.JPG

真ん中のCBのカラーリングは昔のCB750Kを彷彿させる。なんとなく懐かしい感じが、、

L18.JPG

気になるCBR250R、かなりコンパクトで乗りやすそう!

L20.JPG

L21.JPG

L22.JPG

他のブースでホンダの白バイ仕様のバイクが展示されていた。 まさにカッコいい!!

L23.JPG

L24.JPG

L25.JPG

超低床スクーター

L26.JPG

L27.JPG

またまたトライク

L28.JPG

しばらくするとオークションが始まった。ステージ上では多聞恵美さん、トモチン、古澤恵さんと土建屋よしゆきさんではあるが違う方のようにも見えた

L29.JPG

さすがにテレビに出るだけのことがあって、多聞さん・古澤さん綺麗でした。

L30.JPG

L31.JPG

このヘルメットが1円でオークションスタート。結局8000円くらいでハンマープライス。

L32.JPG

会場内の店は市価の半額以下でバイク用品が買えるようで、あまり持ち合わせがなくちょっと残念。以前から探していたTDR250のカラーに合う黒と黄色のツートンのバッグを探していたがここで1000円のバッグがあり即ゲット。

オークションの様子

L33.JPG

ライクアウインドの撮影クルーもいたので写真に撮る。ヴァンズの方々。

L34.JPG

また会場内を散策、4輪バギーコーナー

L35.JPG

L36.JPG

原型が何か分からないバイク

L37.JPG

ライクアミーティングには遠くてなかなか行けないのであるが、こんなに近い会場でのイベントであればまた参加したいと思う。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

2011年 鯖街道・周山街道ツーリング

11月27日 本日もMCショップキタモトの北本さんのツーリングに参加することに。 今回はK477号線から鯖街道~周山街道を廻るルートのこと。

9時 ファミマ川西平野店集合 今回は前回の砥峰高原ツーリング時に参加されたカワサキW3の方以外にモトグッチの方も参加、私は取り回しの楽なTDR250で。

s1.JPG

このモトグッチカリフォルニアストーンは見たことがない珍しいバイクである。(北本さんのブログにはしばしばでてるが)

K173号線を北上しK477号線へ、これが途中から凄いことになる。まったくの山中に申し訳程度に舗装された道路(幅3m程度)をアップダウン激しく走破することに。ZR1100・W3・モトグッチの3台はよく平気で走れるなーと感心するばかり。今回はTDRなのでそんなに離されることなく付いて行けた。

s2.JPG

ようやく道がひらけ京都右京区の中地ロードパークで休憩

s3.JPG

s4.JPG

s5.JPG

左からTDR、W3、モトグッチ、ZR1100

s6.JPG

s7.JPG

写真で見るとTDRも綺麗に見えるが、、、実際はそれなりにくたびれてる。

ここからK367号線に入る、いわゆる鯖街道と言うのだが実際どこからどこまでがそうかわからない。 この道はツーリングコースとしては人気なのかかなりのバイクが走り回っているようだ

あっという間に福井県に入り朽木あたりで昼食をとる

s8.JPG

s9.JPG

 

s10.JPG

ここでざるそばセットを注文したが、ビジネスランチに慣れているせいか全てが3倍ほど高い、、、が観光客は平気で注文していた。  

昼食後K303号線に入り、道の駅 若狭熊川宿に到着

s11.JPG

s12.JPG

s13.JPG

道の駅 全貌

s14.JPG

ここでバイクを止めて熊川宿の保存地区に行くことに。 ここは今回のツーリングでもっとも行きたかった場所である。

s15.JPG

s16.JPG

消火栓もレトロ

s17.JPG

保存地区の案内板

s18.JPG

s19.JPGs19.JPG

番所

s20.JPG

s21.JPG

保存地区の様子、一応車両通行は可能である。 家々の前は疎水が流れていてなかなか趣きがある

s22.JPG

s23.JPG

意味不明な巨石

s24.JPG

基礎改修の為、家屋全体をジャッキアップしてる状況に出くわす。 

s25.JPG

s26.JPG

ビフォーアフター番組のような匠がいるに違いない?

s27.JPG

交通標識もレトロ

s28.JPG

s29.JPG

地区内にある宿場館

s30.JPG

s31.JPG

s32.JPG

s33.JPG

s34.JPG

なんとなく以前TDRで行った倉敷の美観地区に似てるがはるかにこちらの方が俗されてなくいい。

s35.JPG

地区内唯一の神社

s36.JPG

s37.JPG

s38.JPG

手作りのミニミニ水車

s39.JPG

疎水には一段下がった部分が作られていてそこで住人さんが洗いものをしてる

s40.JPG

s41.JPG

s42.JPG

蔦で覆われた家屋

s43.JPG

道の駅熊川宿の裏側

s44.JPG

まだまだ見ておきたかったが出発し名田庄のほうへ目指すことに

TDR(2スト)の排煙で迷惑かからないようにまたまた最後尾を走る

s46.JPG

道の駅 名田庄に到着

s47.JPG

s48.JPG

s49.JPG

s50.JPG

ここもかなりのバイクが来ていた。 なにかのイベントが行われているようだ

s51.JPG

お三方は眠気覚ましでアイスクリームを食べてるようだが、この寒さの中わたしは缶コーヒーで暖をとる

K447からK173に入り3つ目の道の駅 瑞穂の里さらびき に到着。このあたりでかなり疲れが。

s53.JPG

道の駅の様子

s54.JPG

皆さんお疲れモード。 右端の白いCB400は SR400とともに女性ライダーの4人組であった。s55.JPG

ここでとりあえず解散ということになった。K173号線なので帰り道はわかるがこのあと川西あたりで大渋滞に。高速ばかり走ってるので地道の様子が分からず今後は地道をつかったツーリングも実施していこうと反省しきり

走行距離 310K 燃費が部分的であるが24k/L と伸びたところもありまだまだTDR健在。

 朝の集合時に皆さんのマシンを見た時、負けずとCBR1000でくれば良かったかと思ったが多分林道の中では手こずっていたに違いないし帰りの渋滞では絶対にオーバーヒートを起こしていただろう。結果TDRの選択は間違ってなかったようだ!!

 

 


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

2011年 兵庫・峰山、砥峰高原ツーリング パート2

11月13日 以前からMCショップキタモトの北本さんが主催するツーリングに参加したいと思っていたが、持病の頚椎症からくる腕の痺れが治まらず様子見であった。 今回のツーリングコースがまた行きたいと思っていた砥峰高原が含まれていたので参加してみることに。

集合場所はセブンイレブン西宮船坂店 8時半集合。宝塚から有馬街道に入り途中 宝来峡を見ながら到着。 この有馬街道も久々の走行である。 日曜の早朝でもあり尼崎から50分かからず到着。

程なく北本さんも到着(カワサキZR1100)

t1.JPG

t2.JPG

今回はカワサキのW3で来られたかたと3人でのツーリングとなった。 

t3.JPG

この方がまた凄いひとで、タンクバッグにはバイクの工具とある程度の部品がびっしりと入っていた。聞くところによるとほとんど自分でメンテナンスをするとのことでしかもエンジンの部品も自作されてるとのこと。 自称 走る整備工場 と言っていた。

ツーリングはソロでと決めていたが今回初の複数での走行、この中で運転未熟の私が後ろを走行させてもらったが妙に安心感がありこれもありかと。

t4.JPG

以前ひとりでTDRを駆り出し中国、播但道と高速道路をつかって砥峰高原に入ったがそこそこ時間を費やした記憶があり、一般道路なら時間かかるだろうなと思っていたが、、、

市川あたりのコンビニで休憩

t5.JPG

峰山は久しぶりと言っていた北本さんの誘導であっという間に到着。 高い料金を払って高速を利用していたのが馬鹿らしくなるくらいそんなに時間を要さず到着したのであった! それにしても道を全く間違えずに走行していたのには感心しきり。

t6.JPG

t7.JPG

かなりの峠道であるがお二人のコーナーリングの速さに全くついて行けず、マイペースで走行。

前回来た時とかなり景色がかわって(季節がかわって)あたり一面黄金色に変化していた。日曜で観光客が多いので交流館まえで車両を進入禁止にしており手前の道端はさしずめバイクショーの状態

t8.JPG

t9.JPG

交流館手前入口

t10.JPG

例の如く ノルウェイの森のロケ地の看板

t11.JPG

t12.JPG

t13.JPG

あいも変わらずここの天気は変化にとんでる。晴れたり曇ったり  そのたびに斜面の様子も劇的に変化するのがまた面白い。(ウェブカメラで景色がネット配信されてるがその画面と同じように変化してる)

交流館を道路側より望む

t16.JPG

ここでちょうど12時になったので3人で交流庵の蕎麦料理をいただく。 味のことはともかくここは弁当を持ってきたほうがいいと思った。

北本さんとW3さんはこの後竹田城跡と立雲峡をめざすとのこと。私はもう少しここにいたかったのでここで分かれることに。

ススキのガードレール

t14.JPG

t15.JPG

ここから来た道を逆走し、播但道の神埼南ランプより高速で帰る道を選択

t17.JPG

t18.JPG

ホテル リラクシアまで戻る

t19.JPG

t20.JPG

t21.JPG

TDRでも立ち寄った立岩神社(杉の大木が有名)

t22.JPG

t23.JPG

大河内町の水車公園

t24.JPG

t25.JPG

小屋の内部

t27.JPG

水車の回転でシャフトを回し上下運動に変化させ杵をつく。 大昔の自然エネルギー利用の最たるもの。

t28.JPG

t29.JPG

t30.JPG

大河内町の案内板

t31.JPG

播但道にのり高速代150円を支払う。中国自動車道 福崎ICより宝塚ICまでノンストップで走行。高速代1500を支払い無事帰宅。  いつもならこれで満足していたのであるが北本さんの地道コースを知ると今後のツーリングコースの見直しも必要かと思う1日であった。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

2011年 天空の白鷺 姫路城大改修見学

10月12日 暫く持病の右腕のしびれでツーリング・スケッチ両ブログの更新が出来ていなかったが、多少良くなったようなので楽にのれるTDRでツーリングに行く事に。  姫路城の大改修工事が行われているがこれが見学用のエレベーターで間近で見れるとのことで事前に予約を入れておいた。 入館時間は1時であるが多少の余裕をみて10時半に出発

 TDRのハンドルバーにつけてあるクリップに阪神高速代を挟む。この方法で料金所では「領収書不要です」と係員に言えばETCと代わらないぐらいの速さで料金所が通過できる。

h0.JPG

尼崎西から阪高にのり暫く高速走行するが、、、多少の振動だけで右腕がしびれハンドルを握るのが困難。やはり良くはなっていなかった!! 諦めて芦屋で降り引き返す。   しかし見学の予約を入れててしかも1回キャンセルをしてるので今回は電車にて行く事に。  何か気乗りしないが阪神電車の尼崎駅から姫路直通特急に乗車、1時間ぐらいで姫路駅に到着、さすがに速い。

h1.JPG

姫路城まえの大通りの様子、なんとなく御堂筋を広くしたような感じである。関西で初のB1グランプリ(地方のB級グルメの屋台が集合)が行われるらしく、いたるところに看板がでてる

h2.JPG

手前の交差点から城を望む(工事用シートが天守閣を覆ってる)

h3.JPG

大手門側から入城

h4.JPG

h5.JPG

h6.JPG

h7.JPG

桜門橋からお堀の様子

h8.JPG

h9.JPG

h10.JPG

この門に入ると三の丸広場

h11.JPG

平日でも多くの観光客と遠足、修学旅行生でかなり人が多い。 やはりネットで見学の予約を入れておいて良かったと思う

広場に動物園が併設されている

h12.JPG

三の丸広場から天守閣を見る。工事用のシートにはわざわざ天守閣の絵が描かれている

h13.JPG

h14.JPG

h15.JPG

城の入り口、予約客は優先的に入れる

h16.JPG

中に入り最初の菱の門に向かう

h17.JPG

h18.JPG

h19.JPG

菱の門をぬけると更に間近に。h20.JPG

いの門

h21.JPG

いの門の内部

h22.JPG

h23.JPG

h24.JPG

h25.JPG

h26.JPG

門だらけで何門かわからなくなるので記録をやめる事に。 暫くいくと石垣の綺麗な曲線が見えてきた。 扇の勾配と呼ばれてる

h27.JPG

h28.JPG

石積みの技術は大したものである

ここから リの一渡櫓の中に入る。今回は特別公開とのことで展示室みたいになっている

各時代による鯱瓦の変化

h29.JPG

昔の左官道具

h30.JPG

h31.JPG

h32.JPG

現代で言えば鉄筋みたいなものか?

h33.JPG

h34.JPG

h35.JPG

h36.JPG

h37.JPG

甲冑の展示方法がなんか不気味

h38.JPG

h39.JPG

h40.JPG

播州皿屋敷の怪談で有名なお菊井戸、そうか姫路城にあったのだ!

h41.JPG

h42.JPG

備前門からいよいよ天守閣へ向かう

h43.JPG

城壁にはいたるところに 石落とし がありここから攻めてくる敵に熱湯や石を落としたり鉄砲で狙ったりしたとのこと。

h44.JPG

h45.JPG

かなり傷んできている

h46.JPG

不自然な修復の石積み?

h47.JPG

工事用の巨大足場?

h48.JPG

備前丸から天守閣の様子

h49.JPG

いよいよ中へ

h50.JPG

天空という言葉は前の竹田城跡を思い出す

h51.JPG

見学用の施設にエレベーターであがる

h52.JPG

最上階で大天守の様子が本当に間近で見れる。瓦がすべてはがされてる。

最上部の五重屋根部

h53.JPG

h54.JPG

下界を見渡す。大手前通り

h55.JPG

西側

h56.JPG

下のフロアに降りる

h57.JPG

ここからは修復の様子のパネルを見ながらの見学となる

h58.JPG

h59.JPG

h60.JPG

h61.JPG

h62.JPG

四重屋根部

h63.JPG

h64.JPG

床には柱の大きさを示すプレートが張ってある

h65.JPG

h66.JPG

フローリングの幅からみるとそう大きくはないようだが、、、

h67.JPG

h68.JPG

h69.JPG

h70.JPG

h71.JPG

h72.JPG

こんなにボロボロになった時代もあったのか!

h73.JPG

h74.JPG

昭和と平成の修復の違い

h75.JPG

h76.JPG

h77.JPG

h78.JPG

大天守見学施設を出て天守内部へ

h79.JPG

h80.JPG

城及び門前町のミニチュア

h81.JPG

天守の内部。こちらは公開されてるが工事が進むと見れなくなるとのこと

h82.JPG

h83.JPG

h84.JPG

h85.JPG

足場なしの決死の作業?

h86.JPG

h87.JPG

重機がない時代での作業は大変だ!

h88.JPG

h89.JPG

h90.JPG

h91.JPG

h92.JPG

h93.JPG

h94.JPG

h95.JPG

階段は急である

h96.JPG

h97.JPG

h98.JPG

天守を出て西の丸のほうへ行く事に

h99.JPG

h100.JPG

h101.JPG

この景色が結構有名であるが天守台が見えない

h102.JPG

西の丸は本当に綺麗に整備されてる

h103.JPG

h104.JPG

ワの櫓から西の丸長局に行く

h105.JPG

h106.JPG

格子窓の敷居には雨対策の水抜き穴が。

h107.JPG

h108.JPG

h109.JPG

綺麗な廊下

h110.JPG

屋根の骨組み

h111.JPG

 h112.JPG

h113.JPG

このあたりから廊下に面して奥女中の小さく仕切られた部屋が出てくる

h114.JPG

女の館 

h116.JPG

h117.JPG

h118.JPG

h119.JPG

h120.JPG

h121.JPG

h122.JPG

h123.JPG

h124.JPG

h125.JPG

h126.JPG

姫路城鳥瞰図

h127.JPG

ここでようやく帰路につく。出口で再度見上げる

h128.JPG

城前のお土産屋も城の門の名前風に名前をつけている

h129.JPG

h130.JPG

h131.JPG

取敢えずはバイクで来ていないので帰りの事を考えずゆっくり見学できたのはいいがやはり物足りない。 帰りも阪神電車で帰る

途中の車窓で。

h132.JPG

近場の観光施設はあまり行こうとは思わないが(実際大阪城なんかは近すぎて行こうと思わない)。姫路城もこの改修工事がなければいく事はなかったと思うが、子供の時に見た感動とまた別な感動も感じられたので良かったと思う  

電車代 往復2460円  姫路城入館400円 工事見学施設入館200円。 600円でこれだけのものが見れるとはお得かも。土日に行かれる方は予約をいれてたほうがスムーズに見れます。(ネットで簡単にできる)

 

 


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。